誰もが考えないけど、歩きたくなる歩き方を直ちに得る方法

ウォーキングをするシニア

こんにちは、出戸です。

歩きたくなる歩き方とは
前へ進む筋肉を使った歩き方です。

歩くという動きは、人間にとって
基本中の基本の動きです。

一日中家の中で生活している人でも
一日に約3千歩は歩くといわれています。

多い人だと一日に1万歩は歩きます。

1日24時間ありますが、
3千回から1万回する動きというのは
歩くこと以外にありません。

だから、
歩くことは生涯で最も多く
繰り返す動きだということです。

また、
様々な動きの中で
一番最初に覚える全身運動は歩くことです。

人は顔を洗ったり、歯磨きをしたり、
箸と茶碗をもってご飯を食べたり、
トイレに行ったり、
いろんな動きを覚えて成長します。

その中で最初に覚えるのは歩き方です。

だから、
歩くことは基本中の基本の動きなんですね。

最近では、歩くことを改善すれば
様々なスポーツの動きも改善される
という事例もでています。

日常生活においても
1日2千回以上行う動きですから、
改善されると疲れにくい体になります。

肩こり知らずの体も歩き方が重要です。

初めて歩き方を改善した人は
歩きながらこんなことを言われます。

  • 足が軽い。
  • 勝手に速く歩ける。

前へ進む筋肉が使われると
足が軽く、勝手に速く歩けます。
だから、歩きたくなるんですね。

歩きたくなる歩き方のポイントである
前へ進む筋肉とは、

お尻の下半分~太ももの裏側の上半分の部分です。
(ハムストリングスといわれる筋肉の上のほう)

この筋肉を使って歩くと
前へ前へと歩きたくなる歩きができます。

このお尻の下半分~太もも上半分が
歩きのスイッチです。

スイッチがオンになると
車でいうアクセルを踏み込んだ状態になります。

だから、前へ進むんですね。

ほとんどの人は
ここがスイッチオフになっているので、
歩いていると疲れます。

腕を振って頑張って
歩くことしかできないんですね。

少し意識してスイッチを入れて歩くだけで、
足取りが軽くなりますよ^^



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ