今日からできる正しい歩き方の秘訣(2)

ウォーキングをする女性

こんにちは、出戸です。

前回の記事で、歩くときは「腕が振られる」ように歩く
ポイントについてお伝えしました。
(前回の記事「今日からできる正しい歩き方の秘訣(1)」はこちら)

今回はその続きの話です。

正しい歩き方の秘訣の2つ目は
足が振られるように歩くことです。

腕と同じように、足も振られるように歩くのです。

足は体幹(骨盤)を中心として、
振り子のような構造になっています。

だから、歩くときに後方へ蹴った足は、
振り子のように自然に前方へ戻ってきます。

これを左右交互に繰り返すことで歩くことができます。

でもほとんどの人は、
この自然な振り子の歩きができずに、
足を力で前へ運んでいます。

そうなると、歩けば歩くほど足が疲れます。

特に太ももが疲れたり、膝が痛くなる人は
足を力ずくで運ぶ歩きになっています。

また、歩くときに痛みのある人は
どうしてもかばって歩いてしまいます。
かばって歩くと振り子のような歩きはできません。

足が自然に振られるように歩けるようになると、
足が約1.5倍長くなります。

実際の足の長さは変わりませんが、
足が振られる歩きは
足がみぞおち辺りから振られる動きをします。

歩きというのは手足を使う動きだと思われがちですが、
イイ歩きは体の中の方から歩くんですね。

こういう歩きができると、
お腹周りの脂肪が燃えやすくなります。

同じ時間歩いても、ダイエット、シェイプアップしやすくなります。
内臓の調子もよくなります。

実際にイイ歩きを体験した人は

  • 足が勝手に前へ出る。
  • 足が長くなった感じがする。
  • 歩幅が増えた感じがする。
  • 意識しなくても早く歩ける。
  • 足が軽い。

などの感想を言われます。

足が振り子のように振られる歩きは、
今から実践できます。

足を力で前へもってくるのではなく、
後ろへ蹴った足が
振り子のように前へ戻ってくるイメージで歩くことです。

あなたの足は振り子です。

みぞおちから吊り下がった振り子の足です。

一歩一歩振られる意識をもって歩いていくと
徐々に振られる感覚が分かるようになります。

慣れてきたら、前回の記事でも紹介した
「腕を振る」ではなく「腕が振られる」ように歩くといいです。

腕が振られるように歩くと、
足もより大きく振られるようになります。

腕と足が振られるように歩くと、
どんどん前へ進めるようになります。

どんどん前進する歩きは体にいいだけでなく、
やる気や元気にもつながっていきますよ^^



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ