カテゴリー
運動・スポーツ・筋トレ

短い練習時間でシュートが上手くなる人の秘密

シュートする女の子

こんにちは、出戸です。

短い練習時間でシュートが上手くなる人は、
練習時間以外の日常生活が
シュート練習になっている
人です。
[br num=”1″]

例えば、
立っている、座っているだけで、
シュート練習になっています。
[br num=”1″]

どういうことかというと、
シュートを確実に決めるには、
ボールに適切な方向適切な力
加えなければいけません。

少しでも方向がずれたり、
力が強すぎたり弱すぎたりすると、
シュートを決められません。
[br num=”1″]

シュートが外れたときに、
もう少し強くかなとか、もう少し右かな、
もう少し高くかな、と修正しますよね。

正確な方向に正確な力が
ボールに伝わってはじめて、
シュートを決めることができるんですね。

そのためには、
ボールに働く重力と、重心
正確に感じる必要があります。
[br num=”1″]

シュートの上手な人は、
ボールにどの方向に
どれくらいの力で重力がかかっていて、

重心つまりボールの中心が
どこかということを瞬時に把握しています。

いちいち頭では考えていませんが、
体の感覚としてしっかり把握しているんですね。
[br num=”1″]

短い練習時間でシュートが上手くなる人は、
この重力と重心をとらえることが上手なんですね。

それは日常生活で
自分自身の体の重心をよく感じている

からに他なりません。
[br num=”1″]

無意識のうちに、
自分自身の重心や、物をもったときの重心を感じて
バランスをとるトレーニングをしているんですね。

だから、シュートするときに、
すぐに応用できるんですね。
[br num=”1″]

日常生活やスポーツをするときに、
重力や重心を意識的に感じていたら、
とても間に合いません。

ですから、
無意識に重力や重心を感じる、
バランス感覚の優れた体になる
ことが大切です。
[br num=”1″]

重心感覚に優れた人は、
シュートが上手いだけでなく、
疲れにくい体になります。

バスケットボールのマイケル・ジョーダンは
その典型です。
[br num=”1″]

では、どうすれば
重心バランスの整った体になれるかというと、
腰(骨盤)を立てることが第一条件です。

後ろに倒れている腰(骨盤)を
前へ起こして立てるんですね。
[br num=”1″]

腰が立つと、
重心感覚にスイッチが入るんですね。

重心感覚スイッチをオンにして、
地球と重力の友達になろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください