カテゴリー
運動・スポーツ・筋トレ

筋肉を増やすと、痛みが出る。

筋トレする女性

こんにちは、出戸です。

痛みは、
筋肉が少ないから、
出るのではありません。

筋肉を増やせば、
痛みが出なくなるわけではありません。

[br num=”1″]

小さい子供は
大人に比べて筋肉が圧倒的に少ないです。

でも、
筋肉が多い大人の方が、
体を痛めている人が圧倒的に多いです。

もし、筋肉の量だけが問題なら、
筋肉の少ない子供は生まれたときから
腰痛持ちになってしまいます。
[br num=”1″]

また同年代で比べても、
筋肉が少なくても元気な人はいくらでもいます。
[br num=”1″]

逆に、筋肉を増やしても
痛みで苦しんでいる人は大勢いる
のです。
[br num=”1″]

スポーツの世界でも同じです。

筋トレをしている選手は
していない選手よりも、故障率が高いです。
[br num=”1″]

私も高校時代は筋肉を増やすことが大好きで、
筋トレして体重が70kg弱ありました。
ムキムキでした。
(身長は168cm)

でも体はボロボロで、
よくケガをしました。

逆に筋肉が減った今の方が元気です。
[br num=”1″]

筋肉の量が減っても
痛みが出ることはありません。

痛みが出るのは、筋肉の量ではなく、
筋肉のバランスがとれていないからです。

筋肉は量を追求する前に、
バランスが大切です。
[br num=”1″]

体の歪みが整うと、なぜ痛みが楽になるのか、
それは筋肉のバランスが良くなったからです。

筋肉が増えたからではありません。
[br num=”1″]

筋肉のバランスがよくなると、
足りていなかった筋肉は勝手についていきます。

そうすることで、
より筋肉バランスがよくなります。

筋肉を増やす前に、筋肉のバランスを整えよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください