カテゴリー
運動・スポーツ・筋トレ

ケガをしないで、鋭い速球を投げる方法

キャッチボールをする女性

こんにちは、出戸です。

速い球を投げるには、ケガがつきもの。

ケガするくらい練習しないと、
速い球を投げられるようにならない。
[br num=”1″]

現在の野球界、スポーツ界には、
このような考えの人が多いです。

ですが、
本当はケガをしたくないと思っているのも事実。
[br num=”1″]

この記事は、
そんなケガをしないで鋭い速球を投げたい人
のために書きました。
[br num=”1″]

ケガをしないで速い球を投げるには、

・眠っている筋肉を目覚めさせる。
・ブレーキ筋肉を減らす。

この2つが大切です。
[br num=”1″]

この2つを磨いていくと、
筋肉の質が高まります。
[br num=”1″]

1つ目の眠っている筋肉を目覚めさせるとは、
投球時に使われていない筋肉がたくさんあるんですね。

全身の筋肉は
約500あるといわれています。

特に投球に必要な体幹部の筋肉が
使われていないケースが多いんですね。
[br num=”1″]

体幹部の筋肉が使われないと、
いわゆる手投げになってしまうので、
肘や肩に負担がかかりケガをしやすいです。

また体幹部の筋肉を動員できない分、
パワーもスピードも落ちてしまうんですね。
[br num=”1″]

なので、
使われずに眠っている筋肉を目覚めさせ、
使われるようにする
ことが大切なんですね。
[br num=”1″]

2つ目のブレーキ筋肉を減らすとは、
スムーズな投球の動作を妨げるようなブレーキ要素
となっている筋肉を減らす
ということです。

動かしたい方向に働く筋肉と、
逆方向に働く筋肉の両方を使って
投げている人が多いんですね。
[br num=”1″]

なので、
動きが固くなり、力が伝わりにくくなり、
速い球が投げにくくなります。

またスムーズな動きが妨げられますから、
間接や筋肉にも負担がかかり、ケガの原因にもなります。
[br num=”1″]

大リーグで活躍しているイチロー選手は、
外野からの返球の鋭さから「レーザービーム」のようだと
高く評価されていますが、体は小さいです。

腕の太さも大リーグの他の選手に比べると、
子供のように細くみえます。
[br num=”1″]

イチロー選手は先ほどお話した、
体幹部の筋肉をしっかり使いつつ、
ブレーキ要素の筋肉を他の選手より減らしているんですね。

だから、小さい体でも
あれほどの球を投げることができるんですね。
[br num=”1″]

イチロー選手は
他の選手と一体何が違うのか?

どういう違いが、
投球の違いを生み出しているのかというと、
体がゆるんでいることです。

イチロー選手は他の選手に比べ、
体がゆるんでいます。

体の体幹部の筋肉までゆるんでいるんですね。
[br num=”1″]

ゆるんだ筋肉は
たるんだ筋肉とは全く違います。

全身がゆるんでいると、
体の使われていなかったところまで使われ、
使わなくていいブレーキ筋肉は使われなくなる
んですね。
[br num=”1″]

ゆるんでいる筋肉は、伸びるときは伸びる、
縮むときはしっかり固くなる筋肉です。

すると、当然ケガをしにくくなり、
速い球を投げられるようになります。
[br num=”1″]

筋肉の量を増やす前に、
体をゆるめて筋肉の質を高めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください