正しい姿勢に筋トレは不要

腹筋トレーニングをする女性

こんにちは、出戸です。

よく腹筋がないから
姿勢が悪いと言うことが言われますが、
正しい姿勢に筋トレは不要です。

厳密に言うと、筋肉が必要ですが
腹筋する程がんばる必要ありません。

正しい姿勢は筋トレ不要なんですね。

筋肉だけで体を支えるのは無理なんですね。

なぜかというと
筋肉は骨と比べると柔らかいからです。

体を支える組織は大きく
骨、じん帯、筋肉がありますが

硬い順に並べると
骨>じん帯>筋肉
となります。

家にたとえると
骨は柱で、筋肉は壁です。

現代のような筋交がはいった強力な壁ではなく
昔ながらの土壁を想像してもらうと
わかりやすいです。

筋肉を鍛えて
姿勢を維持し、良くしようとのは
傾いた柱を軟弱な壁で
支えるようなものです。

壁をめっちゃ厚くすれば支えられるかも
しれないと思われるでしょうが

どんなに頑張っても
硬いものを、柔らかいもので
支えることはできません。

立ってるだけで疲れるという人は
筋肉で立とうとしているんですね。

逆に
骨で立つ人というのは
立っていてもちょっとやそっとでは疲れません。

座るのもお尻で立つことですから同じです。

普段、筋肉で立っている人は
骨で立つことが良く分からないと思いますが

骨で立つことが分かると
筋肉で立つこととの違いが
分かるようになります。

家を建てるときだって
柱を立ててから壁を取り付けます。

柱だけで支えられない家は
家じゃないんです。

体も骨で支えてこそ、体です。

筋トレだけをやっていては
この骨の感覚は芽生えません。

正しい筋トレは
骨で立つことができてからやるのが正しいんですね^^



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ