ケガをしないで気持ちよく走れるようになる方法

ランニングしている女性

こんにちは、出戸です。

短距離、長距離を問わず、
ケガをしないで気持ちよく走るポイントは、
イイ立ち方ができることです。

走ることは、歩くことを加速させたものです。
だから、イイ歩きができないとイイ走りはできません。

歩くことは、立った体を移動させることです。
だから、イイ立ち方ができないとイイ歩きはできないんですね。

ですから、イイ走り、気持ちよく走るには
まずイイ立ち方ができないといけません。

ランニングやジョギングをしていて
足や膝を痛める人は走り方の前に
立ち方から改善するといいです。

痛みは走り方が間違っていますよという
サインなんですね。

イイ立ち方というのは

  • 体がゆるんでいる。
  • 長く立っていても疲れない。
  • 内くるぶしの真下で体重を支えている。

ことです。

イイ立ち方ができないと立ってるだけで疲れます。
そうなると、歩くのも疲れます。

走るのも気持ち良くなく、パフォーマンスが悪いです。

イイ立ち方ができると、軽く走っただけで
ドンドン前へ進む走りができるようになります。

誰でもできて
立ち方を改善させる方法は、
内くるぶしのちょうど真下に消しゴムを置いて立つことです。

  1. まず、やってみる前に歩いてみます。
    歩いた感覚を覚えます。
  2. 両足に消しゴムを入れると分かりにくいかもしれないので、
    片方の足の内くるぶしの下に消しゴムを入れて30秒ほど立ちます。
    足裏に消しゴムの心地よい感覚が感じられるはずです。
  3. そして、もう一度歩いてみます。
    消しゴムを置いた足が軽いはずです。
  4. もう片方の足も同じように消しゴムを置いて立ちます。
  5. 両足が軽いと思います。

たったこれだけのことですが、繰り返し実践すると
イイ立ち方が自然とできるようになります。

走っていて痛みの出る人は
ムリは禁物です。

イイ立ち方ができると
イイ歩きにつながります。

そして、
足の骨でしっかり地面をとらえたイイ走りにつながり、
走るのが気持ちよく楽しくなりますよ!



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ