バランスボールを使うと、姿勢が崩れる。

バランスボールにのる女性

こんにちは、出戸です。

バランスボールを使うと、姿勢が崩れます。

一般的には、
バランスボールは体幹が鍛えられて、
姿勢が良くなるといわれています。

ですが、姿勢は良くなりません

体幹とは、
手足を除いた体の胴体の部分です。

なぜなら、
体幹が固まってしまうので、
体幹が鍛えられるどころか衰えるからです。

たとえば、
細い平均台の上を歩くとき、
体はバランスをとろうとして、緊張して固くなります。

体は不安定なところに身をおくと、
緊張するのです。

ですから、
バランスボールのように不安定なところに座ると、
体幹が緊張して固まります。

体幹が固まると、
体幹の動きが悪くなります。

体幹の動きが悪いと、
体幹の筋肉は働かなくなるので、衰えていくのです。

体幹が衰えると、姿勢は崩れます。

本来、不安定なところでバランスをとるという行為は、
体を固めずに、ゆらゆらとたえず重心を探し続けることです。

なので、
体が固まることをしてはいけません。

まずは、安定した地面で、
バランスをしっかりとれるようになることが大切です。

安定した地面でバランスがとれていないのに、
不安定なバランスボールでバランスがとれるわけがありません。

安定した地面の上で姿勢が良くて、
バランスがしっかりとれて、はじめて、
不安定なところでも固まらずにバランスをとっていられる
のです。

バランスボールは上級者向きです。

姿勢を良くするために、バランスボールを使うのではなく、
姿勢が良くなったか確かめるために使うのが、
バランスボールなのです。

まずは安定した地面で、
バランスのとれた姿勢になりましょう。



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ