真っ先に整えるべき体の幹と根っことは

女性ダイバーと魚の群れ

こんにちは、出戸です。

体を整えようと思い立ったときに、
真っ先に手をつけるべき場所は
体の幹と根っこです。

どんな木も
幹と根っこがなくなったら、
立っていることはできません。

枝葉は、
たとえ枯れたり、切られても、
また生えてきます。

しかし、
幹や根っこのない木は生きていけません。

体の幹や根っこにあたるのが、
体幹(部)といわれている場所です。

体幹は、
骨盤(こつばん)肋骨(ろっこつ)の2つで構成されています。

骨盤は、
前へならえの格好で手を置くところです。

肋骨は、
肺や心臓がおさまっている鳥カゴのような形をした骨です。

上は鎖骨からはじまり、
下はおへその少し上あたりまである大きな骨です。

この骨盤と肋骨が体の幹と根っこで、
手や足は枝葉です。

なぜなら、
体の構造や動きにおいて、
骨盤と肋骨が主導権を握っているからです。

人間はもとをたどれば、でした。

魚は手足がなく体幹100%です。

魚は体幹の動きだけで泳いでいます。

だから、魚から進化した人間は、
歩いたり、物を持ち上げたりするときに、
必ず体幹部が手足を先導しています。

また
人は手足はなくても生きていけますが、
骨盤や肋骨の体幹部がなかったら生きていけません

体幹部には生きるために必要な臓器が
おさまっているからです。

だから、
骨盤と肋骨が体幹と言われているのです。

ですから、
たとえ手や足に痛みがあったとしても、
体幹を整えるだけで、ほとんどの症状は軽減します。

手や足が体幹部を主とした動きや姿勢になっていないことで
痛みが出ているからです。

体幹部の歪みやねじれで
手足に痛みが出ているからです。

何はさておき、
真っ先に整えるべきは体幹である骨盤と肋骨です。

体幹を整えて、根っこから元気になろう!



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ