カテゴリー
姿勢・カラダ

イイ姿勢の2つの意味

笑顔でピースする女性

こんにちは、出戸です。

イイ姿勢には2つの意味があります。

この2つの意味を知らないと、
イイ姿勢にはなれません。
[br num=”1″]

なぜなら、
イイ姿勢の2つの意味の違いを知ることが、
イイ姿勢になるためには大切だからです。
[br num=”1″]

悪い姿勢とイイ姿勢

イイ姿勢という言葉はよく聞きますが、
イイ姿勢とは何かというと、
「立腰(たてごし/りつよう)」できていることをいいます。
(上の図の右)

立腰の反対の悪い姿勢を
「寝腰(ねごし/しんよう)」といいます。
(上の図の左)
[br num=”1″]

立腰とは、
文字通り「腰(骨盤)を立てる」ことですが、
実は立腰にはもう一つの読み方があります。

それは「腰(骨盤)が立つ」です。
[br num=”1″]

立腰には

・腰を立てる
・腰が立つ

の2つの読み方があるんですね。

では、
この2つはどう違うのでしょうか?
[br num=”1″]

「腰を立てる」は、
頑張って意識的に腰を立てることを意味します。

一方、
「腰が立つ」は、
無意識に自然と腰が立つことを意味します。
[br num=”1″]

日本語で表すと
「を」と「が」の違いですが、
この一字の違いは大きいです。
[br num=”1″]

一般的に言われるイイ姿勢は
「腰を立てる」イイ姿勢です。

悪い姿勢よりはいいですが、
頑張ってますから、長時間するのは辛いです。

[br num=”1″]

そこで大切なのが、
自然に「腰が立つ」イイ姿勢です。

自然にイイ姿勢になっているので、
疲れないし、楽なんですね。

[br num=”1″]

この違いを頭だけでなく、
体感して腹で分かることが、
イイ姿勢になるために大切なんですね。
[br num=”1″]

私の生徒さんやクライアントさんに聞くと、
「腰を立てる」は分かるけど、
「腰が立つ」が分からないという人がほとんどです。

これは「腰が立つ」ことを
忘れてしまっているんですね。

でも実際、「腰が立つ」と、
その快適さに驚く人が多いです。
[br num=”1″]

イイ姿勢になるために、
「腰を立てる」を卒業して、
「腰が立つ」を目指そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください