健康な人の枕とは

眠る赤ちゃん

こんにちは、出戸です。

前回お話した通り、最適な枕の高さは、
あなたの体に合った高さにすることです。

あなたの体に合った枕の高さの見つけ方は、
一言で言うと、一番しっくりくる、寝やすい高さを見つけることです。

詳しくは前回の記事をご覧くださいね。
(前回の記事「最適な枕の高さとは」はこちら)

でも、体に合った枕の高さは
今のあなたの体にとって最適なだけです。

あなたの健康にとって
最適な枕の高さではないんですね。


あなたが今より健康で
朝からエネルギッシュに活動したいなら、
「枕なし」で寝られる体になることがもっと大切です。


毎日パワフルな子供たちは、枕なしで寝ますよね。

そして、加齢とともに枕の高さが
どんどん高くなる人が多いです。

枕が低いと眠れないんですね。

もちろん体にあった枕の高さで
寝るのは大切なことです。

でも今より若々しい体になって、
子供のように疲れない体になるには、
枕なしで寝られる体になることがもっと大切なんです。

では、どうしたら「枕なし」で
寝られるようになるかというと、
イイ姿勢になればいいんですね。

姿勢の悪い人は、
立っているときに頭が体よりも前に出ています。

だから、寝るときもその姿勢を保つように
枕を高くしてあげないと苦しいんですね。

枕の高さが日に日に高くなっている人は、
姿勢が悪くなってきている証拠です。

だからといって、
無理に枕を低くしてもイイ姿勢にはなりません。

それどころか体に良くないので
絶対にしないでくださいね。

その逆でイイ姿勢になると、
自然に低い枕がしっくりくるようになるんですね。


イイ姿勢のカナメは腰を立てることです。

腰を立てて、「枕なし」で寝られる体になろう!

そして、エネルギッシュな若々しい体を手に入れよう!

(イイ姿勢のカナメ「腰を立てる」についてはこちらをどうぞ)



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ