女性がよくする下半身がむくむクセ

仲良くする二人の女性

こんにちは、出戸です。

女性に多い
下半身がむくんでしまうクセ
というのがあります。

それは座ったときに、

  • スネがハの字形をしている
  • つま先立ちになっている
  • 足首がイスの足に絡みついている
  • 両足を斜めにそろえている

です。

座り方にこういうクセがあると、
下半身がむくみやすくなります。

なぜかというと、
下半身の血液やリンパ液の流れが悪くなり、
下半身にたまりやすくなるからです。

座り方に間違ったクセがあると、
そけい部(股の付け根)あたりにある
太い血管やリンパ管が圧迫されて、流れにくくなるんですね。

下半身がむくむと、
靴下のあとがなかなか消えなかったり、
足先や膝下が冷えたりします。

ひどい人は、
むくんだ足が見られたくなくて、
スカートを履くのさえイヤになります。

ですが、
間違った座りクセがなくなれば、
血流やリンパの流れが良くなり、
下半身もむくまなくなります。

例えば、
水道の蛇口につながったホースも、
まっすぐのときと曲がっているときとでは
流れやすさが全く違います。

ホースがまっすぐの方が
水は流れやすいです。

同じように、
血管やリンパ管がまっすぐに
なるような正しい座り方が身につけば、
下半身がむくまないようになります。

正しい座り方というのは、
足の裏がペターと床についていて、
スネが地面に対してまっすぐに立っています。

公共の場でなければ、
股も少し開いていていいと思います。

もしかしたら、
今のあなたは正しい座り方が
しんどいかもしれません。

正しい座り方は、
腰(骨盤)が立ってないと
できない
んですね。

腰(骨盤)が立つとは、
後ろに倒れている腰(骨盤)が
前に起きて立つことです。

腰(骨盤)が立つと、
自然と正しい座り方になるんですね。

正しい座り方という形に
無理矢理あてこむのではありません。

腰(骨盤)が正しく立つことで、
自然に正しい座り方になるんですね。

実際、私の生徒さんやクライアントさんも、
姿勢が良くなると、自然と正しい座り方が
できるようになっています。

逆に、
間違った座り方をすることが
気持ち悪く
なっています。

正しい座り方は、
血液やリンパ液も正しく流れます。

だから
むくまない正しい体を
自然に取り戻せるんですね。

たまには
一度立ち止まって、
自分の体を振り返ってみよう。



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ