背筋は伸ばしてはいけない。

滝と女性

こんにちは、出戸です。

背筋(せすじ)は伸ばしてはいけません。

なぜなら、
体の構造上、背筋を伸ばそうとすると、
背骨がずれたり、はずれたりするからです。

一般的には、
正しい姿勢のことを背筋を伸ばすことと
教えられることがよくあります。

ですが、実は背筋を伸ばすことは
体にとって良くないこ
となのです。

背骨

上の写真の通り、
背骨は骨が一つひとつ積み木のように
積み重なってできています。

背骨は24個の骨でできています。

背骨の背中側には、
恐竜の背びれのような突起がついていますが、

背骨を伸ばそうとすると、
この背びれ一つひとつを
上へ持ち上げる
ことになります。

これは
背骨を外そうとする行為ですから、
体にとって良いことではありません。

本来、体の構造的に正しい姿勢は、
背骨の背びれが下へ下がった状態
です。

ですから、
背骨を伸ばすのではなく、
背びれを下へ下げるのがいいのです。

背中をさするときに、下から上へさするよりも
上から下へさすった方が気持ちいいのは、
背びれがより下へ下がるからです。

滝に打たれるのが気持ちいいのも、
背びれがより下へ下がるからです。

正しい姿勢になるには
背筋を伸ばさずに、
背びれを下げる意識が大切です。

背びれを下げて、正しい姿勢になろう。



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ