正しい寝る姿勢とは

横向きで眠る女性

こんにちは、出戸です。

寝る姿勢には大きく3種類あります。

・仰向け(上向き)
・うつ伏せ(下向き)
・横向き(右向き、左向き)


人によっては、
この体勢じゃないと眠れないという寝方や、
この姿勢だと辛くて寝れないという寝方があるかもしれません。

ではこの中で、
寝るときの正しい姿勢はどれだと思いますか?

答えは、全部、正しい寝方です。

だから、どの姿勢でも
気持ちよく寝られるのがいいんですね。


なぜかというと、
仰向け・うつ伏せ・横向けの3つの中で
寝れない姿勢があると、寝返りがうてないからです。


寝返りは天然の整体とも言われています。

寝返りをうつことで、人は寝ている間に
体にたまった疲れや歪みを取り除くんですね。

どれか一つでもできない寝方があると、
寝返りをしなくなり、
疲労が体に蓄積していってしまいます。

そうなると、
朝から体が重かったり、
肩がこってる体になってしまいます。

逆に寝返りをする体になると、
スッキリ爽やかな朝を迎えることが
できるようになります。

特に、
私の生徒さんやクライアントさんで多いのが、
仰向けで寝れない人です。

理由は

・仰向けだと寝付きが悪い
・仰向けだと腰が痛い
・仰向けだと息がしにくい

など、人によって違います。

ですが、
仰向けで寝れない人には共通していることがあります。

それは、体のどこかが痛かったり、
こっていたり、不調があることです。

こういう人が仰向けでも寝られるようになると、
寝返りが促進されます。

寝返りするようになると、
体も楽になっていくんですね。

では、どうしたら仰向け・うつ伏せ・横向き全部で
気持ちよく寝られるようになるかというと、
腰(骨盤)を立てることです。

腰が立つと、自然と今まで寝れなかった
体勢でも寝られるようになり、
寝返りもするようになるんですね。

後ろに倒れている腰(骨盤)を立てて、
気持ちよい眠りを手に入れよう!

そして、スッキリ爽やかな目覚めをしよう!



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ