快適で便利な生活の条件

ショッピングから笑顔で帰ってきた女性

こんにちは、出戸です。

あなたは快適で便利な生活ときいて、
どんな生活を思い浮かべるでしょうか?

現代は昔とは比べものにならないほど、
快適で便利な世の中になったといわれます。

・朝起きたら、炊飯器がホクホクのご飯を用意してくれる。
・洗濯も、スイッチ一つでやってくれる。
・遠くへのお出かけや、買い物も気軽に行ける。
・蛇口をひねれば、おいしい水が飲める。
・いつでも温かいお風呂に入れる。

などなど、挙げればキリがありません。

江戸時代くらいまでは、
これらを全て自分の手や足を使ってやっていたのですから、
現代はとても快適で便利になりました。

その反面、
とても不快で不便になってきたものがあります。

それはカラダです。

生活の環境がどんなに便利でも、
体が不便だと不満が残ります。


例えば、

どんなにたくさん大好物が食卓に並んでいても、
お腹が痛かったら、おいしく食べられません。

どんなにキレイな景色でも、
高熱でうなっているときには、
感動できません。

たしかに江戸時代は、
現代生活に比べれば環境的に不便
でした。

ですが現代生活は、
カラダ的に不便
なんですね。

これでは快適で便利な生活とは言い切れないです。

あなたは車で買い物に行くのと、
歩いて買い物に行くのと、
どちらが便利ですか?

と聞かれれば、
「車で買い物」と答える人が
ほとんどだと思います。

しかし、
体が快適で便利な人にとっては、
「歩いて買い物」の方が快適で便利なこともあるんですね。

私の生徒さんやクライアントさんも、
すぐ近くのところでも車を使っていたのが、

体が快適で便利になると、
歩くのが気持ちいいといって、
歩くようになる人がけっこういます。

本人にとっては、
近い場所なら車よりも歩くほうが
快適で便利
なんですね。

効率だけが快適さ便利さを
生み出すわけではない
んですね。

もちろん、
健康にだって「歩いて買い物」の方がいいです。

こんな風に、
快適で便利な生活というのは、
環境的な便利さと、カラダ的な便利さの両方が必要です。

もしあなたが今の生活に不満があるなら、
体が不便で不快なのかもしれません。

体を快適に便利にして、
充実した生活を送ろう!



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ