ラジオ体操の深呼吸は浅い呼吸

清涼感のある若者達

こんにちは、出戸です。

ラジオ体操の中に、
深呼吸の動作がありますよね。

大きく両腕を左右に開きながら息を吸って、
前かがみになりながら両腕を体の前で
クロスさせるようにして息を吐く、
あの動作です。

深呼吸と聞くと、ラジオ体操のあの動作が、
深く呼吸ができていいと思っている人が
けっこういます。

ですが、実は、
呼吸が浅くなってしまうので
良くないんですね。

なぜかというと、
息を吸うときに胸を開いて張るようにすると、
背中で息が吸えなくなるからです。

息を吸うときに両腕を左右に大きく開くと、
胸側は開きますが、背中側は逆に縮こまっています。

これでは
背中側が膨らまないので、
息がしっかり吸えないんですね。

頑張って深呼吸をしているつもりが、
浅い呼吸になっている
んですね。

こういう間違った呼吸法を繰り返していると、
普段の呼吸が浅くなってしまいます。

呼吸が浅いと、
それだけで体が疲れやすくなり、
肩こりや頭痛の原因になります。

また精神的にも不安定になりやすいです。

逆に、
自然体で立ったまま呼吸をした方が、
胸と背中の両側が膨らむので、深い呼吸になります。

もちろん、体の構造上、
背中側より胸側の方が大きく膨らみますが、
背中も膨らむんですね。

実際、ラジオ体操の深呼吸と自然体の深呼吸で
肺活量を測定すると、自然体の呼吸の方が
たくさん吸えているという結果が出ています。

深い呼吸をするのに、
極端な姿勢や動作は不要なんですね。

また、ラジオ体操の深呼吸の方法は、
マラソンやスポーツをしながらできる動作でもないので、
実践的にも使えない呼吸法です。

人間の体は、自然体のときに
呼吸が最も深くなる
ようにできています。

だからこそ、
一番楽で、自然なんですね。

自然体という名前がついているのも
うなづけます。

深呼吸は自然体でやって、
体にいいことを増やしましょう。



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ