イイ姿勢がしんどい理由

手を挙げる小学生

正しい姿勢のコツを読まれた何人かの方から、
こんな感想をいただきました。
(正しい姿勢のコツの記事はこちら)

正しい姿勢になるには、
正しい姿勢を体得している人の真似をすることがいいと書きました。

そこで、
いい姿勢をしている人の真似をしてみたそうです。

ですが、真似するのがツライ
ということでした。

真似してやってみたのは
すごくいいことです。
エライです。

真似される人は普通にできているのに、
真似した人がなぜツライのかというと
骨が使えていないからなんですね。

もちろんイイ姿勢には筋肉も大切ですが、
骨が使えてないと筋肉をムダ使いします。

イイ姿勢をする上で、
最も使えないといけない骨は腰骨(骨盤)です。

この腰骨を立てることが大切です。

腰骨(骨盤)が立ってはじめて、
筋肉も筋肉らしく力を発揮できます。
役割分担があるんですね。

骨を使っていない、というのは
腰骨を立てていないということです。

腰骨を立ててないと、感想の方のように
ただ、ツライだけです。

逆に腰骨が立つと、ツライどころか楽です。
痛くなることもないです。

イイ姿勢がツライ人は、
腰骨(骨盤)が立ってないと思ってもらえばオーケーです。

例えば、
近くにデッキブラシや野球のバットなど
棒状の重さのあるものがあれば用意してみましょう。

そして、
その棒を真上に向かって、まっすぐ持ってみましょう。

次に、その棒を少し傾けてみましょう。

少し傾けると、持ってるのがしんどいと思います。

この棒を腰骨だと思ってもらうと分かりやすいです。

腰骨が立っているのが、棒がまっすぐの状態です。
腰骨が立ってないのが、棒が傾いている状態です。

棒が傾いていると、棒を持つのがしんどいように、
腰骨が立ってないと、しんどいんですね。

イイ姿勢のようでも、腰骨が立ってないと
すぐしんどく、ツラくなります。

だから、
腰骨を立てればいいんですね。

イイ姿勢には、立てるべき骨があります。
一番の土台となるのが腰骨です。

イイ姿勢がツライという人は、
腰骨を立てることが大切です。

腰骨を立てて、ツライ姿勢から卒業しよう。

腰骨(骨盤)の中にさらに大事な骨があるのですが
それはこちらをどうぞ。
(「正しい姿勢でもっとも重要な骨とは」)



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ