なぜ整体で杖がいらなくなるのか?

新緑の下で笑うおじいさんと女性


こんにちは、出戸です。

杖をつかないと歩けなかった人でも、
体を整えていくと、杖がいらなくなることがあります。

整体を受けたあと、
杖を忘れて帰るなんてこともあるくらいです。

では、なんで体が整うと、
杖いらずの体になるのでしょうか?

一言でいうと、重心が正しい位置にくるからです。

正しい位置に重心がくると、
両足だけでバランスをとって立てるようになります。

そして、歩いても両足でバランス良く歩けるようになるのです。

杖をついている人は、体重を「両足と杖」で支えています。

つまり、3つの点で体のバランスを保っています。

3つの点とは、両足と杖です。

このときの杖の位置がポイントです。

ほとんどの場合、杖をつく位置は、
右ななめ前か、左ななめ前です。

右ななめ前に杖をつく人は、
正しい重心の位置よりも右ななめ前に重心があります。

だから、右ななめ前に杖をつくと、
バランスをとって立ったり、歩くことができるのです。

杖がないと、右ななめ前に重心があるため、
前へ転んでしまいます。

左ななめ前に杖をつく人は、その逆です。

従って、体が整うと、
ななめ前にある重心が正しい位置に整います。

だから、整体で杖がいらなくなるということがおこるのです。

膝や腰が痛くて杖をつきはじめたという人も、
ななめ前に重心があるから、膝や腰に無理がかかり、
だんだん痛くなり始めるケースが多いです。

だから、重心が正しくなるように
体が整うと、それだけで痛みが軽減します。

あとはできるだけ重心が正しくなるように
さらに体を整えていくと、膝や腰にたまった疲労が解消されていき、
それに伴って残った痛みも減っていきます。

膝が痛いと、膝ばかり気になったり、
腰痛だと腰ばかりに目がいきます。

しかし、本質的な問題は意外と膝や腰にないことが多いです。

体を整えて、杖いらずの体になろう!



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ