腕の重みを感じると肩こりが楽になる

野球のバットを振る女性

こんにちは、出戸です。

腕の重みを感じると、
肩こりが楽になります。

腕は野球の木製バットで
2本~3本分の重さがあります。

腕って、けっこう重いんですね。

この腕の重みを感じる人ほど、
肩こりが楽になり、肩がこりにくくなります。

なぜかというと、
腕の重みを感じるということは、
肩がゆるんでいないとできない
ことだからです。

たとえば、
ペンの重さを感じようと思ったら
腕の力を抜かないと感じることができません。

腕に力が入っていると
ペンが重いのか軽いのかわからないからです。

だから、
腕の重みを感じれば感じるほど、
肩がゆるんでいきます。

腕の重みを感じるほど、
肩がこりにくくなっていきます。

一方、腕の重みが分からない人は、
肩がこりやすい
です。

肩をほぐしても、
またすぐにこってきます。

家事や仕事で肩が辛くなる人は、
腕の重みを感じて家事や仕事をすることで、
肩こりが軽くなります。

今まで肩がこる洗濯干しで、
肩こりを軽くできるんですね。

腕の重みを感じる人は、
腕の使い方が上手
ともいえます。

腕の使い方にも
上手・下手があるんですね。

腕の使い方が上手だと、
腕を動かす日常動作そのものが
肩こり解消につながるんですね。

腕の使い方が下手だと、
どれだけ肩をほぐしても、
すぐにこってしまいます。

実際、
私の生徒さんやクライアントさんも、
腕の重みを感じると、肩がゆるんで下がります。

そして、肩が軽くなります。

しかも、
肩こりの自覚のない人も
肩が軽くなる
から面白いです。

無自覚なだけで肩こりだったんですね。

肩こりは慢性化すると、
自分で気づかなくなっていきます。

だから、
まず腕の重みを感じてみましょう。

例えば、

・カバンを取るとき
・カバンを持つとき
・カバンを置くとき

カバンの重みを感じることで、
腕の重みを感じるのと同じ効果が得られ、
きっと肩がゆるんでいきます。

腕の重みを感じる上手な腕の使い方は、
しなやかで、美しい所作にもつながります。

腕の重みを感じて、
肩こりを軽くして、キレイになろう!



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ