高血圧を正しい血圧に整える方法

川辺にたたずむ女性

こんにちは、出戸です。

高血圧の原因と、その根本解決方法について
シリーズでお伝えしています。

シリーズ第1弾「高血圧の原因は血流不良」

シリーズ第2弾「高血圧になる理由は、血管が歪んでいるから。」

シリーズ第3弾「高血圧を根本解決するには、体の歪みを解消するべし。」

今回はシリーズ第4弾です。

高血圧を正しい血圧に整える方法はシンプルです。

歪んだ体を正しく整体することです。

一般的には、年を重ねるにつれて、
血圧が高くなるというのが常識です。

ですが、年を重ねても、
血圧が高くならない人もいます。

ということは、
年齢が高血圧の原因ではないということです。

現在、高血圧の人も、
血圧が正常だった頃があります。

血圧が正常であった正しい体に戻すことこそが、
整体です。

歪んだ体をまっすぐな正しい体に戻す第一歩は、
腰を立てることです。

腰は
漢字の通り「体の要(カナメ)」です。

近年は
腰のことを骨盤ともいわれることが多いです。

ですから、
後ろに倒れて寝ている骨盤を立てることがすなわち、
まっすぐ正しい体に戻すこと
になります。

年を重ねていくと、
背中が丸くなり、前かがみの姿勢になりますが、

骨盤が立っていないと、
年とともにこういう姿勢になるのです。

これが高血圧にしないと
体が生きていけなくなる原因なのです。

骨盤が立っていないために、
血管が歪み、血行が悪くなり、
血圧を上げないと体の隅々に栄養や酸素が行き渡らないからです。
(詳しくはシリーズ第1弾~第3弾をご覧ください。)

もちろん、食事なども大切ですが、
食事を消化・吸収する体はもっと大切です。

立っているときと、
寝ているときの姿勢の違いは
誰でもハッキリ分かります。

自分が立っているのか、寝ているのか
分からない人はいません。

それと同じくらい、
骨盤が立っているか、いないかも、
ハッキリ分かります。


整体を受けても、
骨盤が立っているか分からないようであれば、
体がまっすぐ正しく整ったとはいえません。

骨盤が立ってはじめて、
体がまっすぐ正しくなれるのです。

骨盤を立てて、高血圧を根本解決しよう。



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ