カテゴリー
身体が治る・元気・健康

年々、立ち上がりにくくなる原因

紅葉の中でベンチに座って読書をする女性

[br num=”1″]

こんにちは、出戸です。

年とともに立ち上がりにくくなり、
無意識のうちに「ヨイショ!」「ヨッコイショ!」とかけ声をかけて
立ち上がっているというのは、よくある話です。

できれば「ヨッコイショ!」なんて言いたくないし、
若いときのようにスッと立ち上がりたいものです。
[br num=”1″]

なぜ、年々、立ち上がりにくくなるのでしょうか?

一般的には、脚(太もも)の筋力が落ちているといわれますが、
今回は別の角度から見ていきましょう。
[br num=”1″]

悪い姿勢とイイ姿勢

(1)骨盤が後ろに倒れている。

左図のように、骨盤(腰)が後ろに倒れていると、
右図のように骨盤が起きているときより、
重心が後ろへきてしまいます。

立ち上がる動作は
右図のように骨盤が起きているところから、
さらに重心を前にする必要があります。

ですから、骨盤が後ろへ倒れていると、
一度骨盤をおこして、さらに、もっと前へいく必要があります。

つまり、座っているときに骨盤が後ろへ倒れて
重心が後ろにあると、それだけで立ち上がりにくくなるのです。
[br num=”1″]

(2)骨盤まわりがコリ固まっている。

左図のように骨盤(腰)が後ろへ倒れていることが多いと、
骨盤が前へ起きなくなります。

なぜなら、骨盤が後ろへ倒れていると、
お腹側の筋肉は縮みっぱなしになり、
背中側の筋肉は伸びっぱなしになるからです。
[br num=”1″]

すると、お腹の筋肉は縮んだまま固くなり、
背中の筋肉は伸びたまま固くなります。

このように骨盤まわりの筋肉がこって固くなると、
右図のように骨盤を前へ起こせなくなります。
[br num=”1″]

まとめ

年々、立ち上がりにくくなる原因をもう一度振り返ると

  1. 骨盤が後ろに倒れている。
  2. 骨盤まわりがコリ固まっている。

です。
[br num=”1″]

本来であれば、
後ろへ倒れていた骨盤(腰)が前へ起きて、
そのまま立ち上がることができます。

しかし、骨盤が起きないと、
後ろ重心の状態から、脚の力だけで立たないといけなくなります。

だから、立ち上がりにくくなるのです。
[br num=”1″]

ほとんどの立ち上がりにくさは、
年齢に関係ありません。

脚の筋力にも関係ありません。

骨盤が後ろに倒れたまま立ち上がろうとしたら、
誰でも立ち上がりにくいです。
[br num=”1″]

立ち上がりにくいから、
脚の筋力が足りないと決めつける前に、

骨盤が後ろに倒れてるかもという別の視点があると、
行動も変わってくるはずです。
[br num=”1″]

さあ、筋力の前に、体全体を見渡そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください