薬なしに乾燥肌を解決する方法

レモンをもつみずみずしい肌の女性

こんにちは、出戸です。

薬なしに乾燥肌を解決するには、
血流をアップさせることが大切です。

乾燥しているということは、
水分が不足しているでしょうし、
乾燥した皮膚を修復するための栄養素が足りてないんですね。

水分や栄養を運ぶのは血液の役目ですから、
血流が悪いと、皮膚は乾燥しやすくなります。

もちろん、肌の乾燥には日常生活の工夫も必要です。

・部屋の湿度を高く保つ
・お風呂のお湯の温度をぬるめの40度にする
・皮脂を流してしまうのでシャワーは使わない
・石鹸はできるだけ使わない
・体をゴシゴシ洗わない
・入浴後、保湿クリームをつける
・肌着は綿素材にする

などの対策をしましょう。

これらの対策をしてもかゆい人や、
かゆくならない体になりたい人は、
体の血流を良くすることが大切です。

かゆみを出しているのは自分の体なのですから、
まわりから乾燥対策をするにも限界があります。


ではなぜ、皮膚が乾燥するとかゆくなるのでしょうか?

これは、かいてほしいからなんですね。
かくという動作は、血流をアップさせます。

かくと血流が良くなるので、肌の状態は変わらなくても、
かゆみが一時的におさまります。

血流が良くなることで、
不足していた水分や栄養を届ける効果と、
肌にたまっていた老廃物を排出する効果があるんですね。

でも、
肌にとってはかき過ぎるのは良くないですから、
血流を良くするために、骨盤を立てるのがいいです。

骨盤が後ろに倒れていると、
血管が曲がったり、圧迫されて血流が悪くなります。

血流が悪いと、疲労物質がたまって
さらに血流が悪くなっていきます。

だから、後ろに倒れた骨盤を起こして、
骨盤を立てましょう。

骨盤が立つと、
血管がまっすぐになるんですね。

血管がまっすぐだと、それだけで血流がアップします。

血流を良くして、乾燥肌とさよならしよう!

(骨盤を立てる詳しい説明はこちらをどうぞ)



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ