力んでいる人ほど脱力上手になる方法

緑に囲まれて伸びをする女性

こんにちは、出戸です。

力んでいる人ほど、力を抜くことが上手になります。

なぜ力んでいる人ほど脱力が上手になるかというと、
人一倍力んでいることを知っているからです。

力んでいることが分からないと、力を抜こうとは思いません。

力んでいることが分かるからこそ、力を抜かないと、と思います。

そして、力むクセが分かるから、力を抜けるんですね。

力んでいる人は、何をするにも力みます。

力の必要ないことでも力んでやってしまいます。

また今、力んでなくても、年とともに体は力んでいきます。

力むクセがあると、体はコリやすく、痛めやすくなります。

筋トレのしすぎのような状態です。

普通に生活してるだけで、体がボロボロになっていきます。

ゆるんで力を抜くことが上手だと、
同じことをやっていても体が疲れず痛めにくいです。

一流のプロ野球選手のイチロー選手や松井秀樹選手は
いつも、力を抜こう抜こうとしています。

バッターボックスに入る前や、
入ってからもリラックスすることを心がけています。

守備でもそうです。

力んで体が固まらないように、
常にゆるめて柔軟に動ける体で準備しています。

力を抜くことを習慣にしている人が
常に念頭に置いていることは、姿勢です。

腰を立て、体に一本の軸が通った姿勢を意識しています。

体に痛みがあったり、不調のある人は
体が力んでいる人が多いです。

痛いんだから、力んで当然です。

そうやって、体の辛さや力みグセのある人ほど、脱力上手になります。

ちょっと姿勢を意識して、リラックスしていこう。



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ