ソファをやめないと腰痛で後悔するでしょう。

ソファでパソコンを使う女性

こんにちは、出戸です。

ソファに座る人は腰痛になりやすいです。

ソファに座っているときはとても楽なので、
ソファが体に悪いということが
ハッキリ分かりにくいですが

その後に、腰がしんどくなったり
痛くなったりしやすいんですね。

これはほとんどの人が
ソファに座っていると腰に負担がかかる姿勢に
なるからです。

ソファが楽だからと
そのまま生活していると、
普通のイスがしんどくなって、
ソファじゃないと座れなくなったり
ソファから離れられず長時間座り続けてしまいます。

そうなると
腰痛から逃れられない体に
なっていってしまうんですね。

ソファはなぜ腰痛を生み出してしまうのかというと
大きく次の3つのパターンがあります。

■パターンA ソファにしっかりと座る。

ソファに座る人

一見すると姿勢が良さそうに座っていますが
ソファは座るところが柔らかいので
体が緊張してしまうんですね。

体は座っているとき
常にバランスをとっています。

もし、座ったまま寝てしまったら、
どうでしょうか?
座ったまま直立不動で寝ていられる人は
いないですよね。
倒れてしまうと思います。

体はそんな風に常にバランスをとっています。

柔らかいところだと
バランスがとりにくいので気づかないうちに
体が次第に緊張して固まっていくんですね。

これが腰(骨盤)まわりに負担がかけます。
感覚のいい人は腰だけでなく背中や肩のつらさを
感じるはずです。

■パターンB ソファに体をもたれて座る。

ソファにもたれる人

次にBはどうでしょうか?

これは完全にソファに体をあずけているので
バランスをとったりする必要がなく、
座った瞬間の重力からの解放感がたまらなく好きと
いう人もけっこういます。

が、これも腰痛をつくる姿勢になります。

布団で寝た姿勢と比べてもらうと
分かりやすいですが
お腹側がちぢこまって、
背中側が伸ばされていますよね。

この状態で長時間いると
お腹の筋肉はちぢこまった状態で固まり
背中の筋肉は伸ばされた状態で固まります。

なので立ち上がったときに
背中が丸くなって伸びない姿勢に
自然となってしまいます。

こんな格好になってしまうのです。
(ちょっと極端ですが)

こんな姿勢でいたら
そりゃあ腰がしんどくなりますよね。

今日、美容院で行ったんですが
カットしてもらった美容師さんも
同じ事をいっていました。

■パターンC ソファに横向きに寝る。

ソファで横向きに寝る人

疲れたときにソファに横向きに寝て
テレビを見たりする人も多いです。

これは体の中で重い部分がより沈むことで
体を歪めるんですね。

一番重いのは腰(骨盤)まわりなので
わかりやすく描くとこんな感じの姿勢になります。

よくこんな寝方をしていて
次の日にぎっくり腰になったりするので
気をつけましょうね。

■まとめ

3つのパターンをみてきましたが
ソファには座らないようにするのが
腰にはいいです。

ここで間違えてはいけないのは
腰痛の根本的な原因はソファではありません。
ソファに座っているときの自分自身の姿勢です。

ちゃんとした姿勢でソファに座れれば
何ら問題がありません。

でも、ちゃんとソファに座れる人は
ほぼいません。だから姿勢が崩れます。

だから、腰痛になりやすいのです。

今までソファを愛用してきた人は
姿勢を良くすることが
将来にとってスゴクいいことです。

ソファやイスはダメになったら
買い替えできますが
あなたの体や姿勢は替えが
きかないのですから^^



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ