インフルエンザにならないための処方箋

大事なことを伝えようとしている女性

こんにちは、出戸です。

インフルエンザにならないためには、
自分自身の免疫力をアップさせることが大切です。

エボラ出血熱が世界的に警戒されていますが、
エボラ出血熱の死者数は全世界で8千人です。

それに対して、
インフルエンザが原因となって亡くなる人は
日本だけで年平均1万人以上といわれています。

なので、日本人にとっては
インフルエンザの方が重要です。

インフルエンザや風邪の対策として、

・予防接種を受ける
・手洗いをする
・うがいをする
・マスクをする
・人混みをさける

などがありますが、

これらをきっちりやったからといって
絶対にインフルエンザに感染しないとは言い切れません。

逆に、
これらの対策を全くしていなくても、
インフルエンザにかからない人さえいます。

この両者の違いが何かというと、
その人自身の免疫力の差です。

最後に頼れるのは、自分の免疫力だけなんですね。

もちろん、免疫力以外のインフルエンザや風邪の予防対策は
大切なので、そちらもやってきましょうね。


もし、インフルエンザや風邪を引いてしまったら、
こんなことになるかもしれません。

・体がしんどい
・仕事に行けない
・家事ができない
・まわりの人に迷惑をかける
・自分も家族も我慢が増える
・遊びに行く計画も中止になる
・子供にうつるかもしれない

インフルエンザに感染しなければ、
やりたいことができる楽しい毎日を過ごせます。

人間だれしも、体調を崩したときに、
健康の有り難みを実感するものです。

でも、体調は良いにこしたことはありません。

免疫力がつくと、
インフルエンザや風邪にかかりにくくなります。

体が丈夫に元気になるんですね。

実際、私の生徒さんやクライアントさんから
冬場にいただく感想をして一番多いのが、
インフルエンザや風邪に関することです。

・風邪を引かなくなった
・家族や同僚がインフルエンザでも、うつらなかった
・のどの調子がいい
・風邪を引きそうになっても、早めに寝るとなおる

じゃあ、免疫力をアップさせるには
どうしたらいいかというと、身体をゆるめることです。

テレビでも、免疫力アップの特集がされたりしています。

・軽い運動
・ぬるめの湯船につかる
・声を出して笑う

など免疫力をアップさせる共通点としては、
体のゆるまることをするのがいいです。

体がゆるまると、NK細胞が活性化するんですが、
これが免疫力アップになります。

肩こりや腰痛のある人は、
体がゆるんでいないので免疫力が弱まっています。

気をつけましょう。

体をゆるませて、免疫力をアップしよう。



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ