正しい姿勢(良い姿勢)とは

正しい姿勢(良い姿勢)って何?

正しい姿勢とは、立腰(たてごし/リツヨウ)ができていることをいいます。

立腰とは、腰の骨(骨盤)を立てることをいいます。

「姿勢は大切ですよ」とか、「いい姿勢をしなさい」とよく言われます。

そして、みんな、姿勢が大事なことを頭では分かっています。

じゃあ、姿勢って何?
正しい姿勢って、どんなことを言うの?
といえば、立腰(たてごし)です。

腰の骨(骨盤)を立てる。
これが元気とキレイの源です。

腰の骨(骨盤)を立てるとは

悪い姿勢とイイ姿勢

腰の骨が立つと、
シュッと一本筋の通った正しい姿勢なります。
骨が立つと、体はリラックスし、ゆるみます。
胸も自然と開きます。
(図の右の姿勢)

逆に、腰の骨が寝ていると、
背中が丸くなり、悪い姿勢になります。
(図の左の姿勢)

でも、もしかしたら
あなたは腰の骨(骨盤)を立てる姿勢がしんどいかもしれません。
少しの時間はガマンできても、長時間は背中や肩がつらいかもしれません。

立腰の正しい姿勢と、一般的な良い姿勢との違いとは

まっすぐ座る女性

一般的には、良い姿勢というのは
胸を張り、腰を反らせて、アゴを引くことをいいます。
頑張って、力で耐える姿勢です。

ここで言っている腰の骨が立つ姿勢とは
一般的に言われているいい姿勢とは違います。

立腰の正しい姿勢とは
骨が立ち、骨で体を支えると
カラダはリラックスし、頑張らなくても
自然と正しい良い姿勢ができます。

頑張らないといけなかったり、
気持ちよくない姿勢は正しい姿勢とはいえません。

良い姿勢、正しい姿勢というからには
楽でないとおかしいです。

骨で立つ正しい姿勢ができると
カラダがもつ本来の力が発揮されます。

人間が生まれながらにして
もっている力を取り戻します。

そうすれば、
正しい姿勢が元気とキレイの源だとカラダで感じます。
頭だけでなくカラダで分かります。

そのためには、次の順番で学ぶのがいいです。

  1. 正しい姿勢(立腰)がどういうものなのかを知る。
  2. 体で正しい姿勢(立腰)を体感し、知る。

それでは、次に正しい姿勢(立腰)が何にいいのかをみてきます。

正しい姿勢って何がいいの?

正しい姿勢には大きく3つのいいことがあります。

  • カラダや内臓が元気になる。(健康面のイイこと)
  • 美肌やヒップアップ、バストアップ、ポッコリお腹の解消などキレイになる。(美容面のイイこと)
  • 集中力アップや、心の安定効果など精神面で強くなる。(精神面のイイこと)

この効果は年齢や性別に関係なく実感できます。

ですから、小さな子供から、大人の方、妊婦さんや、ご年配の方まで
正しい姿勢になれるということです。

腰の骨(骨盤)が立つと、
体はリラックスし、ゆるみます。

そして、身体と内臓が本来の働きを取り戻し、
元気になります。

元気でキレイになりたいあなたに「正しい姿勢(立腰)」をオススメします。

カラダや内臓が元気になる。(健康面のイイこと)

手をつないで走る親子

腰痛や肩こり、膝の痛みや頭痛など、
身体の節々の痛みや不調に悩まされる方にとっては
「正しい姿勢(立腰)」はその悩みの根本解決に役立ちます。

美肌やヒップアップ、バストアップ、ポッコリお腹の解消などキレイになる。(美容面のイイこと)

キレイな女性

ダイエットした、メリハリボディになりたい、シェイプアップしたいなど
日々キレイに磨きをかける女性にとっても正しい姿勢(立腰)は役立ちます。

正しい姿勢(立腰)をキレイの土台にすえることで、キレイに磨きがかかります。

集中力アップや、心の安定効果など精神面で強くなる。(精神面のイイこと)

赤ちゃんと母

身体に一本軸が通った正しい姿勢(立腰)になると、
脳への血流が良くなるので、頭の回転も良くなります。

集中力や、やる気がわいてきます。

その他のイイこと

正しい姿勢(立腰)をトレーニングに取り入れることで
ケガの回復や防止、パフォーマンスアップに役立ちます。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ