カテゴリー
仕事・人間関係

書きたいことがスラスラ出てくる文章作成術

レポートを書く女性

こんにちは、出戸です。

私たちはどんな仕事をしていても、
文章を書くことが求められます。

文章を考えなくていい仕事、
文章を書かなくていい仕事はほとんどありません。

仕事をしていない学生でも、
文章を書くことなしにはやっていけません。
[br num=”1″]

そのため、
文章が書けるようになるテクニックが
世の中にはたくさんあります。

・書く内容の順序を明確にする
・自分自身に質問をする
・時間を区切る

私もこれらを駆使して、この文章を書いています。
[br num=”1″]

ですが、
これら文章テクニックを駆使しても、
ペンがいっこうに進まないことがあります。

うーんと悩んでいるだけで、
まったく文章がわいてこないときがあります。

こんなときは脳が疲労しているんですね。
[br num=”1″]

体が疲労すると動きたくなくなるように、
脳が疲労すると思考が停止します。

パソコンでいうと、
フリーズして画面が固まった状態です。

こんなときには、
なかなか文章テクニックではどうしようもできないです。
[br num=”1″]

書きたいことをスラスラを文章にするには、
脳みそをしっかり使うことが大切です。

しっかり使うとは、脳のスミからスミまで
くまなく使うということです。
[br num=”1″]

なぜ脳をすみずみまで使うことが大切かというと、
脳の一部しか使わないと、発想が偏ってしまったり、
脳がすぐ疲れてしまう
からです。

発想が偏ってしまうと、
つまらない文章になってしまったり、
独りよがりで何の共感も持てない文章になってしまいやすいです。

脳がすぐ疲れてしまうと、文章の途中から
まったく手が動かなくなってしまいます。
[br num=”1″]

逆に、脳がすみずみまで使われると、
文章がスラスラわいてくる
ようになります。
[br num=”1″]

では、どうしたら脳がすみずみまで
使われるようになるかというと、
運動をするといいです。

体がスミからスミまで使われるような、
軽い運動をするのがいいです。
[br num=”1″]

体全体がよく使われると、脳全体が使われるので
脳が疲労しないどころか、脳の疲労がとれます。

頭がスッキリするんですね。

だから、文章を書けないときはもちろんですが、
文章を書く前にも、脳全体をくまなく使う運動をして、
脳を活性化させるといいです。
[br num=”1″]

文章を書くとなると、
頭だけの作業と捉えがちですが、
その前に体を整えることがより大切なんですね。

ちなみに、
脳全体を使う運動でオススメなのは
ウォーキングです。

ウォーキングが億劫に感じる人は、
脳が疲労しすぎている
ので、
もっと体力を使わない運動がいいです。
[br num=”1″]

運動して脳を活性化させ、
スラスラ文章を書こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください