トップスタイリストが語るカットしにくい女性の特徴

ヘアケアしてもらう女性

こんにちは、出戸です。

15年以上の経験のあるトップスタイリストにも、
カットしにくい女性がいるそうです。

トップスタイリストの方と話していて、
カットしにくい女性には
2つの特徴があることが分かりました。

その特徴とは、

・頭が傾いている。
・座ったときと、立ったときで、髪の長さが変わる。

の2つでした。

こういう特徴のある女性客は、
特にカットしにくかったり、
神経を使ったりする
そうです。

なぜかというと、
座ったときに頭が傾いていると、
左右で髪の長さが変わりますし、

髪のボリューム感にも
左右で違いが出てきます。

スタイリストさんはそういうことも
計算してカットしていくそうですが、

あまりにも頭の傾きがひどいと、
カットしていてすごく疲れてきてしまうんだそうです。

いいカットをしたいのに、
疲労やストレスでできなくなって
しまうのは申し訳ないので、

「ちょっとごめんなさいね。」
と頭の傾きをまっすぐに戻すのですが、
すぐにまた傾いてきてしまうそうです。

こういった女性客のほとんどは、
無意識にそういう姿勢になっているので、
自分の頭が傾いていることに気づいていないことが多いんですね。

2つ目の特徴の、
座ったときと立ったときで
髪の長さが変わるというのは、

特に肩の長さくらいで
カットしてもらうときにおこるそうです。

座ったときは、
肩丈でちょうど良い長さでカットしても、

カット後に立つと、
髪が短くなって肩から浮いてしまうんですね。

なぜかというと、
座ったときに猫背になっていて、
肩が上がっているからなんですね。

なので、立ったときと座ったときで、
髪の長さがどう変わるかも
計算しながらカットするんだそうです。

さすがにカット中に、
立ったり座ったりをしてもらう
ワケにはいきませんからね。

カット方法を駆使して慎重をきすんですね。

で、ここからが本題ですが、
大人の女性客のうち、ほぼ全員が
この2つの特徴が当てはまるそうです。

これでは
せっかくオシャレにキレイになるために
美容院に行っているのに、

スタイリストさんに
実力を発揮してもらいにくくなってしまいます。

なんでこんなことが起こるかというと、
姿勢が悪いからなんですね。

なのでスタイリストさんに
気持ちよくカットしてオシャレに決めてもらうには、
あなた自身が腰(骨盤)を立てることが大切です。

ほとんどの人は、
腰(骨盤)が後ろへ倒れてしまっているんですね。

腰(骨盤)が前へ起きて、立ってくると、
左右の傾きも自然に解消されます。

体はそういう風にできているんですね。

そして、腰(骨盤)が立つと、
立ったときと座ったときの髪の長さも
自然と同じ
になります。

あなたが腰(骨盤)を立てて、
スタイリストさんにストレスなく実力を発揮してもらえれば、
きっといつもより髪型が決まりやすくなると思いますよ。

(腰(骨盤)を立てる詳しい話はこちらをどうぞ)



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ