バストアップに大切な骨とは

プレゼントをもつ女性

こんにちは、出戸です。

バストアップキレイなバストになるために
大切な骨があります。

それは肋骨(ろっこつ)です。

肋骨とは
肺や心臓がおさまっている
鳥かごのような形の骨です。

なぜ肋骨が大切なのかというと、
バストの土台が肋骨だからです。

例えば、ケーキでいうと、
ケーキの土台となっている
スポンジの部分が肋骨です。

ケーキはスポンジの上に
生クリームをのせてデコレーションしますが、
この生クリームの部分が、胸の筋肉や脂肪にあたります。

平らなスポンジの上に、
生クリームを山のように盛ろうとしても
限度があります。

ケーキの形は
スポンジの形でだいたい決まって
しまうんですね。

それと同じで、
もう少しバストアップしたいとか、
もうちょっとバストの形を整えたいと思ったら、
バストの土台である肋骨から整えていくのがいいです。

特に、バストは先ほどのケーキの例と違い、
重力に逆らって存在していますから、
肋骨の胸側が平らなのか、丸みがあるのかで、
大きく違ってくるというわけです。

それなのに、ほとんどの人は、
肋骨でなく胸の筋肉を鍛えることから
はじめてしまっています。

なので、
なかなか成果が出なかったりするんですね。

最近では若い女性の間でも、
美しくバストの形を整えるという
補正下着が流行っています。

ですが、補正下着は
肋骨の自然な丸み(正しい形)を
奪ってしまいやすいです。

締めつけが弱くても、
補正下着をつけているところの肋骨が
動かなくなりがちなんですね。

肋骨が動かないと、
当然、肋骨まわりの筋肉がコリ固まりますから、
血行不良や呼吸が浅くなったりします。

それが
バストの筋肉や脂肪に
悪影響を与えるんですね。

私の生徒さんやクライアントさんも、
肋骨が正しい位置と形を取り戻すだけで、
瞬時にバストアップし、おまけに下腹も凹んでいます。

では、
肋骨の位置と形を整えるには
どうすればいいかというと、

第1ステップとして、
肋骨を支えている腰(骨盤)を立てるんですね。

後ろに倒れて寝ている腰(骨盤)を
前へ起こして立てるんですね。

腰(骨盤)が立つと、それだけで
その上にのっている肋骨も
自然と整ってきます

その後の第2ステップが
肋骨です。

バストの土台のさらに土台である、
腰(骨盤)を立てて、理想のバストに近づこう!



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ