バストアップに大事な筋肉とは

肋骨と女性

こんにちは、出戸です。

前回は、
胸を鍛えるとバストアップするどころか、
バストアップを邪魔してしまうという話をしました。
(前回の記事「胸の筋肉を鍛えるとバストが下がる!?」)

では、
バストアップには筋肉は重要ではないのかというと、
そうではありません。

バストアップに大事な筋肉は
他にあるんですね。

それは、
肋間筋(ろっかんきん)という筋肉です。

肋間筋とはスペアリブの部分です。

心臓や肺が収まっている肋骨という
鳥カゴ型の骨のすき間にある筋肉なんですね。

なぜ肋間筋が大事かというと、
バストの土台が肋間筋だからです。

肋間筋は、
胸の筋肉の代表選手である大胸筋の
さらに内側にあります。

インナーマッスル中のインナーマッスルです。

おいしい野菜を育てるには、
いい種やいい苗も大切ですが、
もっと大切なのは、いい土壌です。

髪の毛を濃く、強くしようと思ったら、
髪の毛自体よりも、頭皮が大切です。

それと同じように、
バストの根っこバストの土台にあたるのが
肋間筋なんですね。

この肋間筋がゆるんでいると、
バストアップ
します。

胸を鍛えてもなかなかバストアップしない人は、
この肋間筋がコリ固まっているんですね。

年齢とともにバストが垂れてくるのも、
この肋間筋が年々コリ固まるからです。

コリ固まった肋間筋がゆるんでフワフワになると、
肋骨が丸みを帯びた正しい形を取り戻します。

だから、バストアップするんですね。

女性なら、バストがふくよかになります。
男性なら、胸板が厚くなります。

さらに、
肋間筋がゆるむと、
大胸筋や乳腺への血流も良くなります。

大胸筋や乳腺に血液が流れるようになると、
日常生活を送っているだけで
大胸筋が鍛えられ、乳腺が活性化します。

中長期的に
バストアップしやすくなるんですね。

肋間筋がしっかりゆるんだ人は、
年齢を重ねても垂れることがなく、
ハリのあるふくよかなバストでいられるんですね。

バストの土台である肋間筋を
ゆるゆるにしてバストアップしよう!



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ