美しくやせるスイッチをオンにする方法(2)

笑顔で振り向く女性

こんにちは、出戸です。

前回の記事の続きです。
(前回の記事「美しくやせるスイッチをオンにする方法(1)」はこちら)

前回お話した通り、
美しくやせるスイッチをオンにするには、
体をゆるめることが大切です。


その理由にはもう一つあります。

こった体がゆるむと、活動意欲が高まり、
体を動かしたくなるんですね。

体を動かしたくなるので、自然に適度な運動ができ、
健康的に美しくやせやすくなります。


一般的にダイエットと聞くと、
激しい運動やきついトレーニングを思い起こす人も多いです。

食事制限は体に入るカロリーを制限しますが、
運動やトレーニングで体から出ていくカロリーを増やすんですね。

消費カロリーが増えれば、
体内のエネルギーや脂肪が燃やされて、
ダイエットできるっていう考え方です。

でも、
こういった一般的な運動によるダイエットは
上手くいかなかったり、リバウンドしてしまいがちなんですね。


なぜかというと、
動きたくないのに運動しないといけないからです。


体がだるくて本当は休んでいたいのに、
毎日○歩以上歩くとか、無理して頑張って動こうと
するからストレスなんですね。

だから、
続けられなくて途中でやめてしまったり、
運動後ご褒美といって食べ過ぎてしまったりします。

また、上手くダイエットできても、
また普段の生活に戻るとリバウンドしてしまうんですね。

あなたは動きたくないのに、運動していませんか?

無理に楽しもうとしていませんか?

もしイエスなら、
自覚がなくても体と脳がこっている証拠です。

体がこっている状態が慢性化すると、
ストレスで脳に疲労がたまります。

そうすると、
脳が体を休ませようとして、
人間は動きたくなくなるんですね。

寝転がってテレビを見るのは典型的な例です。

体がゆるむと、
体のコリと、脳のコリ(疲労)が解消され、
自然と体は動きたくなります。

動きたい体は、
動こうと頑張らなくても、
自然と日常生活で体を使うのが面倒でなくなります。

逆に、
体を使うことをしたくなります。


誰でも、
頭と体がスッキリ、シャッキリしてる日は、
朝から活動的なはずです。

それだけ脳と体の疲労は、
普段の活動量に影響を与えているんですね。

運動は健康には必要不可欠ですが、
頑張る運動は長い目でみると、
心にも体にも良くありません。


体をゆるめて、動きたい体で運動しよう!

それが心にも体にもストレスがなく、
楽しく続けられる秘訣です。

そして、
美しくやせる秘訣でもあるんですね。



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ