美容師が語る頭の形がキレイに見えるポイント(2)

小顔ケアをする女性

こんにちは、出戸です。

前回からの続きです。
(前回の記事「美容師が語る頭の形がキレイに見えるポイント」はこちら)

美容師さんが語る
頭の形がキレイに見えるポイントの2つ目は
頭がキュッと小さいことです。

頭は大きいより、
小さい方がバランス良くスッキリしてみえます。

体のラインがシャープでも、
頭が大きかったら格好良くありません。


逆に頭が小さいと、
それだけでスレンダーにみえます。

小顔矯正も流行っていますが、
「小顔」イコール「小頭」です。

小顔矯正は小頭矯正といってもいいです。

小顔矯正というのは、基本的に
頭蓋骨という頭の骨の調整と、顔のむくみ取りです。

頭には血液やリンパなど、体液が絶えず流れています。

体液の流れが悪いと、頭の中にたまります。

それがむくみとなり、頭蓋骨を外へ向かって膨張させます。

ですから、
頭を小さく、顔も小さくさせるには、
体液の流れを正常に戻すことが大切です。

その解決の土台となるのが「立腰(たてごし)」です。

立腰とは、腰を立てるということです。

腰を立てて、シュッとした姿勢は、
体液の流れがいいです。

腰が立ってないと、腰まわりだけでなく、
首肩まわりの血管やリンパ管が曲がったり、押しつぶされて、
流れにくいんですね。

水道のホースが曲がってたり、
押しつぶされてたら流れにくいのと同じです。

これは頭痛の原因にもなります。

腰が立ったイイ姿勢は、
全身の血管・リンパ管がまっすぐになるので流れがいいんですね。

流れがいいと頭に余計なものがたまらないので
頭の形も本来の形になっていきます。

腰を立てて、堂々と自分の頭を見せびらかそう!



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ