深い呼吸は美肌になる

肺の形をした樹木

こんにちは、出戸です。

深い呼吸の人は美肌になります。

深い呼吸ができると、
新鮮な酸素が体の中にたくさん入ってきます。

そうすると、
肌の細胞一つひとつが活性化し、新陳代謝が進みます。

肌が生まれ変わるんですね。

人間の体は約60兆個の細胞でできていると言われますが、
細胞のすべては、酸素をエネルギー源として生きています。

だから呼吸が深くなり、
より多くの酸素を体内に取り込めると、
それだけで肌の細胞が活性化し、肌がキレイになるんですね。


人間は食べ物がなくても水があれば
1ヶ月は生きられると言われています。

しかし、
酸素がないと3分ほどしか生きていられないといわれています。

酸素は体・細胞にとって、とても重要なんですね。

それだけ重要な酸素ですが、
酸素が十分に足りていなくても自分で自覚できないし、
健康診断でも発覚しづらいんですね。

現代人のほとんどは、
気づかないうちに酸欠状態になっています。


体が酸欠状態になると、自動的に調整して、
それぞれの細胞が生きられるだけの最低限の酸素を届けます。

そうなると死ぬほどではないけど、
体が正常に機能しない部分がでてきます。

体が固くなったり、体が冷えるくらいにしか感じないので、
気づかないうちに酸欠が深刻になっていくんですね。

ですから今より酸素が増えるだけで、
あなたの生命力そのものがアップします。

ここでクエスチョンです。

あなたの肺はどのくらいの大きさがありますか?

こう聞くとほとんどの人は、
握りこぶし大くらいだと言います。

でも実際はもっと大きいんですね。

上は肩まであり、
下はあばら骨の下まで、
左右は脇のところまであります。

こんなに大きい肺ですが、
これだけ大きい実感をもっている人がほとんどいません。

それは、酸素を十分吸えていないことを
表しています。

酸欠状態なので、
そんなにたくさん吸えてる実感がもてないんですね。

肺の大きさは体幹の上半分以上を占めているんです。

まずは肺はそれだけ大きいということを知りましょう。

肺の大きさを知るだけでも、呼吸が深くなります。

深い呼吸で、肌細胞を若返らせよう!

次回はもっと呼吸を深くするコツをお届けします。



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ