深い呼吸は美肌になる(2)

肋骨

こんにちは、出戸です。

前回の記事の続きです。
(前回の記事「深い呼吸は美肌になる」はこちら)

前回は、呼吸が深くなると、
細胞が活性化して美肌になる
という話をしました。

そして、呼吸を深くするには、
肋骨まわりがゆるんでいることが大切です。


人間の肺は、肋骨という固い骨の中にあるんですね。

肋骨という牢屋の中に
肺ちゃんが閉じこめられているような構造になっています。

ですから、
肺をしっかり膨らませて深い呼吸をするには、
肋骨が膨らまないといけないんですね。


肺はどんなに頑張って膨らもうとしても、
固い肋骨を押し広げることはできません。

肺というのは、周りにある肋骨が広がることで
肺も引きずられて膨らむんですね。

だから、
深い呼吸は肋骨が膨らんでいて、
よく動くことが大切なんですね。

肋骨まわりがコリ固まっていると、
どんなに呼吸を深くしようと頑張っても
肺が膨らまないんですね。

これでは、体の細胞は酸欠状態で、
元気に活動できないです。

細胞に酸素というエネルギーを与えてはじめて、
細胞がみずみずしく、生き生きしてくるんですね。


胸の左右両側に手を当ててみましょう。

呼吸とともに、
広がったり、しぼんだりしているのが分かると思います。

これが肋骨の動きです。
現代人はこの動きが少ないんですね。

肋骨まわりがゆるんで、
肋骨がしっかり膨らんだり、しぼんだりすると、
美肌になります。

それどころか、
体のだるさや頭痛、過換気症候群にも効果的です。

肋骨まわりがゆるむと、呼吸が深くなります。

呼吸が深いと、美肌になります。

美肌になると、顔もゆるんで、笑顔になります。

深い呼吸で体の内側から美肌になろう。



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ