ポッコリお腹を解消したければ腹筋してはいけません。

スポーツをする女性

こんにちは、出戸です。

ポッコリお腹を解消したければ腹筋をしてはいけません。
腹筋を鍛えてはいけません。

なぜかというと腹筋をすると

  • お腹周りが固まる。
  • 姿勢が悪くなる。

からです。

筋肉は硬いもので柔らかいのは脂肪だと
思っている方がいますが、
本来筋肉も柔らかいものです。

一流のスポーツ選手ほど筋肉は柔らかく、
柔らかい筋肉の選手は
パフォーマンスも優れていてケガもしにくいです。

ケガが多い選手は
筋肉が硬いことが多いです。

腹筋をすると
ほとんどの人は筋肉が硬くなり、お腹周りが固まります。

固まると体の動きが制限され、
お腹周りの血液・リンパ液の流れを妨げます。

そうなると、
体に不調が出たり、お腹周りがむくんだりします。

また、前回の記事でも紹介したように

(前回の記事「下腹がポッコリなる原因とは」はこちら)

姿勢が悪いことから
お腹がポッコリしやすくなります。

腹筋すると一時的に効果を
感じられることはありますが
長期間にわたって腹筋していると、
だんだん効果が感じられなくなるばかりか
体の健康を害する原因にもなります。

実際に1回のレッスンで
ウエスト周りが2cmくらい減る方が
大勢います。

腹筋しなくてもウエストは変わるということです。
腹筋は十分足りているのです。

寝腰

ポッコリお腹の人は
こんな感じで座っていることが
多いかもしれません。

立腰

本来はこうです。

本来の姿勢と比べると
お腹側がちぢこまって、
背中側が伸ばされているのが分かると思います。

お腹の筋肉が
ちぢこまって固まっているんですね。

だから、
お腹の筋肉を柔らかくすることが先決です。
そのためには
姿勢を良くすることが大切です。

姿勢が良くなったら
楽しくできる正しい腹筋を
やっていくのが一番体にいいです。

お腹がゆるんできたえられますよ^^



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ