キレイなスタイルになる習慣

笑顔の女性

こんにちは、出戸です。

キレイなスタイル、格好いい姿勢になる習慣について。

スタイルのいい人がやっていて、
スタイルに自信がない人がやっていないことです。

それは、毎日「鏡を見る」ことです。

鏡を通して、自分の姿を客観的にみることです。

鏡を使わなくても、
自分の体を感じて、対話するということです。

自分の姿を見ると、ここはイイな、
ここをもっとこうしたいなと、いろいろ見えてきます。

自分のスタイルや自分の服装に気を配っているオシャレな人は、
大きな姿見を持っている人が多いです。

自分のスタイルの現状を知るということにおいては
すごく有効なツールです。

でも逆に、
自分のスタイルに自信がないから
鏡を見たくないという人がいるのも事実です。

そういう人は無理に鏡と向き合わずに、
自分のなりたいスタイルを想像するといいです。

まず姿勢を変えて、
スタイルが良くなった実感が生まれると
鏡を見たくなります。

鏡を見たら、もっと姿勢を変えたくなります。

そして、
スタイルがまた良くなるという好循環が生まれるんですね。

焦らず、姿勢から変えていこう!



筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
姿勢は体の土台であり、健康とキレイの土台でもあります。このサイトを通して、姿勢の素晴らしさを知っていただけたらと思います。

ホームページはこちら

整体にこにこスタイルのホームページはこちらです。
メニューなどの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ